月別アーカイブ: 2月 2011

若者のエネルギー

今日は、宮前市民館の会議室で、約100名の青年と語り合ってきました。 大学を卒業したものの就職口がなかなかないという雇用の問題を話してくださった方など、さまざまなご意見を伺いました。 また、今日は、若者らしい、建設的な意見も飛び交いました。 ある方が「宮前区には名所と呼ばれるところが少ない」と言うと、ほかの方が「野球をやっている人は、皆、他の地域に行っているから、区内に野球やサッカーなどが自由にできるグラウンドがあったら、区民から喜ばれるのではないか」等、活発な意見交換ができました。 確かに、私も、サッカー、野球、大学時代はホッケーと、スポーツをやってきたので、宮前区は不便だと思っていました。 また今日は、急きょ、市民館の外でダンスを踊っていた若者が、集まった青年たちを前に、ダンスを披露してくれました。 あのダンス、最高でしたよ! 若者はエネルギーに満ち溢れている。 そのエネルギーを伸ばす社会にしなければならないと実感した一日でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

障がい者支援

潮見台、鷲ヶ峰、菅生台、南平、土橋などをまわってきました。 ある方から「高い治療薬に助成を!」とのご要望をいただきました。 それは、他の国で認可されている薬を日本でも、本人の同意や話し合いで今より早く使えるようなシステムにしてほしいというものです。 これは、私も障がい者の家族の会で何とかしたいと思っていた問題です。 治療薬があっても使えない。 その当事者や家族だったらどれだけ辛いか。私にもよくわかります。 また、高齢者の方々からは、コミュニティーバスの開通などのご要望をいただきました。 足腰が悪い方から見れば、この坂道の多い宮前区は、生活が大変です。 交通手段の改善、バリアフリーの街づくりなど、全力で進めます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

似顔絵ありがとうございます!

今日は、高山、平、花の台地域の方々からご要望をいただきました。 近所に小児科病院が少ない 病院に通うためにバスの路線が増えないか 小学生・中学生の医療費無料化を 年金の支給額の低下をやめてほしい 保育園の待機児童の問題を解決できないか。 事故が多発するトンネルの両側にカーブミラーを設置してほしいなどなど。 どれも切実な訴えでした。 また今日は、以前、私のかわいらしい似顔絵を書いてくださった方にもお会いでき、直接、お礼を述べさせていただくこともできました。 あの似顔絵、皆さんから好評をいただいていますよ! 真心の一つ一つ、私は忘れません。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

市政に挑戦する理由

今日は、宮前市民館で500名を超える方々を前に、私の政策や信念を訴えさせていただきました。 そもそも、なぜ、私が市政に挑戦させていただこうと思ったのか。 それは、私が障がい者を抱える家族の会で、活動させていただいたことがきっかけです。 街を見渡せば、他の方なら楽々とのぼれるような階段や坂道。 でも、障がいを抱える方々は、その一歩一歩を苦しみながらのぼっています。 バリアフリーという言葉は誰もが知っていますが、この川崎を見たとき、まだまだやらなければならないことがあると痛感しました。 また、これまで私が営業で培ってきた「声を聞く力」を生かすことで、皆さんの声をカタチにし、皆さんのお役に立てることが多くあると考えたからです。 「政治は弱い人、本当に困っている人の味方でなければならない」 私はそう確信しています。 だからこそ「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」との立党精神を掲げる公明党の一員として、皆さまのために働かせていただこうと思ったのです。 私の訴えの後、市民館の入り口で、お一人お一人と握手をさせていただきました。 「絶対に皆さんのお役に立てるお仕事をしてみせます」と誓いながら、お一人お一人と固く握手をさせていただきました。 「がんばれ」 「応援するから」 そうやって、力強い励ましを送ってくださった皆さまのためにも、走って走って走り抜いてまいります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

「福祉の公明」の誇り

昨日は、潮見台、鷲ヶ峰、平地域。そして、今日は、南平、犬蔵、向ヶ丘地域をまわってきました。 国民年金の支給額が少なくて、保険料等が引かれると生活が貧窮してしまう、小学校の通学路で車が早いスピードで通る坂道に改善策はないか、との悩みを聞かせていただきました。 ある地域では、団地の自治会長をされている方にお会いした際、「福祉の事は公明党は良くやってくれている」との温かな応援もいただきました。 田村しんいちろう、勇気百倍です。 皆さまの声、確かに受け取りました。 必ずや市政に生かします。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

小児医療費の無料化を

南平、白幡地域の方々とお会いしました。 女性の方が多かったので、これまでに公明党が実現してきた乳がん、子宮頸がん検診の無料クーポン券配布の話などをさせていただきました。 また、ある方から「地域に密着して、声を聞くなんてすごいですね!」との力強いお言葉をいただきました。 私の最高の励みになりました。 本当に、本当に、ありがとうございます。 今日は、子育てに関するご要望を、たくさん、いただきました。 子ども手当てが出なくなると生活が不安とのご意見や、東京のように中学生まで医療費無料にならないか、インフルエンザ予防接種に公費助成を、等のご要望をいただきました。 小中学校の教科書無料配布、児童手当の支給など、子育てや教育にまじめに取り組んできた公明党。 現在、公明党は、小学校就学前までが対象の小児医療費助成制度を中学3年生まで拡充しようと目指しています。 私もその一員として、皆さまの子育て、教育を、全力で応援します。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

カーブミラーの設置

平、高山地域で、ご高齢の方々の声をお聞きしました。 病院に行く際、緊急を要する時は介護タクシーを使うことがあるそうですが、業者によって値段が倍以上の開きがあるそうです。 補助金があり、介護タクシーがもっと気軽に使えるようになれば、救急車の利用も減るのではないかとの知恵をいただきました。 また、坂道が多く、道幅も狭い地域ということもあって、コミュニティーバスの導入やカーブになっている所へのミラーの設置などが声としてあがりました。 ある方は、先日、カーブでトラックに跳ねられそうになった危険な体験を交えて語ってくださいました。 大きな事故になる前に、急いで対応していかなければなりません。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

夜道を明るく!

花の台地域などをまわってきました。 今日は、たまたま、以前、私と同じマンションに住んでいた方とお会いすることができました。 世界は狭いですね。 要望として多かったのは、夜道が暗くて物騒だという声でした。 また、バス路線の充実などの声もいただきました。 本当に現場には知恵がつまっていると実感する日々です。 もっともっと声を聞き、そして勉強に勉強を重ねて、皆さんのご期待にお応えできるようになりたいと思っています。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

救急医療体制の改善へ

今日は休日ということもあり、菅生、初山、南平、鷲ヶ峰、菅生台、犬蔵地域などで、多くの壮年の方々からご意見を伺うことができました。 少年野球チームの監督を務めておられる方も、お忙しいお時間を割いて参加してくださいました。 貴重なご意見をくださった皆様、本当にありがとうございました。 今回は、救急車を呼んでから病院に搬送されるまでの時間が長いということが話題にあがりました。 ここ川崎市は、重症患者の搬送に30分以上かかる件数が政令市でワースト1だそうです。 命にかかわる重大事に、これでは市民の皆さまも心配なのは当然です。 市議会として、この問題にいち早く対応できるよう、死力を尽くして頑張ります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

不法投棄をなくしたい

けやき平、グリーンハイツ、宮崎地域などでさまざまなご要望を伺ってきました。 今日は、不法投棄に関するご要望をいただきました。 家に帰り、インターネットでこの不法投棄の問題について調べましたが、川崎の中でも、ここ宮前区は不法投棄が深刻な問題となっているようです。そして、特に街灯がなく、夜になると真っ暗になってしまう地域に、この問題が多く起こっているようです。 朝起きたら、冷蔵庫やベッドや家具などが、家の近くに放置されていたら、いい気持ちはしません。また、不法投棄は、税金を使って処理しなければならないため、皆さんからいただいた税金をそこに割り当てなくてはなりません。 不法投棄の根絶の第一歩として、街灯の設置は確実に意味のあることだと考えます。 皆さまのご要望にお応えできるよう、明るい宮前区を目指して、走り抜いてまいります!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。